Fiverwoks Homepageへ

J2EEフレームワーク[Xone]

※注:このページは保管のために、ここにおいてあります。

新サイトは、こちらに引っ越しました。


Xone(ゾーン)はRDBをラップしたモデル層のフレームワークです。モデル層の開発効率を格段に向上させ、データモデルの変更に対して柔軟かつ迅速に対応可能なシステムを構築できます。その結果、システムの開発時だけでなく、変更や保守時のコストを低く抑えることができます。また、コントロール層やビュー層のフレームワークであるStrutsやEchoなど、他のフレームワークと併用することでさらに開発効率が上がります。

データはすべてXoneのオブジェクトで表現されるため、オブジェクト指向言語との親和性が高く、RDBの知識も必要としません。また、制約式や検索条件に高度な式を使えることも大きな特徴です。

フリーのパーソナル版もありますので、ぜひお試しください。


■ News ■

□ 2005.6.24
Xoneをベースにして開発した、Xone Merketing Toolsを発表しました。

□ 2005.6.15
Xone1.0.5、およびパーソナル版(xonePersonal1.0.5)を公開しました。

□ 2005.1.24
メンテナンスリリースのXone1.0.4b、およびパーソナル版(xonePersonal1.0.4ba)を公開しました。
(※旧バージョンをMySQLでお使いの方は必ずバージョンアップしてください)

□ 2004.12.17
メンテナンスリリースのXone1.0.4a、およびパーソナル版(xonePersonal1.0.4a)を公開しました。

□ 2004.11.22
Xoneのパーソナル版(xonePersonal1.0.4)を公開しました。

□ 2004.11.17
Xone1.0.4を公開しました。

□ 2004.10.02
Xoneを利用したサンプルとして、
・Java Web StartとXoneでリッチクライアントアプリを作る
・EchoとXoneでWebアプリを作る
を掲載しました。

□ 2004.10.01
Xoneのパーソナル版(xonePersonal1.0.3)を公開しました。

□ 2004.09.27
バグフィックスとAPIを追加したXone1.0.3を公開しました。
RDBの設定には変更ありませんので、jarファイルを入れ替えるだけで利用できます。

 


| 会社案内 | プライバシーポリシー | お問い合せ | サイトマップ |
COPYRIGHT(C) 2004 Fiverworks Ltd. ALL RIGHTS RESEREVED. SEO対策 | Links