Fiverwoks Homepageへ

■ Xone マーケティング ツールズ

Xone マーケティング ツールズ − Xone Marketing Tools (XMT) は、ショッピングサイトのための販促ツール群です。

現在、Web上でのショッピングサイトは、参入の容易さから、爆発的にその数を増やしています。それにつれて、競争も激しくなり、なかなか実績を上げにくくなっているのも事実です。すでに、撤退を余儀なくされたサイトも多く見られるようになりました。

一方では、きちんと実績を積み上げ、中には月商1億円を越すサイトもあるようです。一般に実績のあるサイトというのは、

1.商品の独自性・希少性があること
2.顧客サービスが行き届いていること
3.サイト(コンテンツ)に特徴があること
4.販売方法がユニークであること

などの特徴を備えています。こうした特徴を一言で言えば、USP(ユニーク・セリング・プロポジション)を持っていると言うことになります。USPのないサイト、たとえば単に商品写真を並べて、数行の説明しかない、というのでは、実績を上げるのはまず無理です。


■ 「売れるサイト」のシステムとは

売れるサイトは、例外なく顧客データベース(DB)を持っています。いえ、逆に言えば、顧客DBを作らずして、売れるサイトを作るのは不可能です。この顧客DBの上で、さまざまなアプリケーションを利用し、販売に結びつけていくこと、これが売れるサイトには不可欠です。

Xone Marketing Tools (XMT)は、Xone(※)というフレームワークの上に顧客DBを構築し、その上でさまざまなアプリケーション群を提供するものです。

※Xoneについては、こちらをご覧ください。これはソフトウェア開発者用のソフトウェアですので、少々わかりづらいところがあります。データベースとそのアプリケーションを、迅速に開発するためのシステムだと考えてください。

XMTには、現在次のようなアプリケーションが用意されています。

1.フォローメール(オートステップメール)
2.ポイント制
3.メールマガジン
4.アフィリエイトシステム
5.会員コードによる注文システム
6.プレゼント応募システム
7.アンケートシステム

フォローメールは、例えば3ヶ月で使い切るような商品を購入された方には3ヶ月後に、Aという商品にはBという商品を組み合わせると効果的とか、あるいは商品の特性や何を注文されたか、というルールに従って適切なメールを配信するものです。マーケティングには欠かせないものです。

ポイント制(フリークエントショッパーズプログラム)は、電気店やスーパーでおなじみのものです。お得意様に対するサービスの一つでもあります。

メールマガジンは言うまでもありません。製品の有効な使い方や情報、あるいはイベントなどを配信するものです。フォローメールもそうですが、このメールマガジンでもお客の名前が入ります。また、ポイント制であれば現在のポイントを入れたり、他にDBに格納されている情報ならば入れ込むことができます。

アフィリエイトは、マーケティングの強力なツールになりつつあり、専門のサイトもいくつかあります。XMTでのアフィリエイトは独自のシステムであり、こうしたサイトが提供するものではないので、コストの低減ができます。

会員コードによる注文システムは、会員になった方(たとえば一度でも購入された方)に会員コードを与え、次回からはコードだけで住所・電話番号などを入力せずに注文できるシステムです。これは、入力が簡単だというだけでなく、個人情報を入力したくない方にもアピールできるシステムです(暗号化されていても個人情報の入力をいやがる方はたくさんいます)。

上記以外にも、アイデア次第でいろいろな顧客サービスが可能です。また、地域や年齢層などによってサービス内容を変えることなども可能です。



■ XMTはセミオーダーです

XMTは、ショッピングモールで提供されるようなシステムと異なり、最初からできあがったシステムではなく、セミオーダーのシステムです。というのも、販売する製品特性や顧客特性によってデータモデルも変わるし、アプリケーションも変わるからです。

また、システムは作ったら終わりではなく、サイトとともに変化し、成長するものでもあります。Amazonなども見ればわかるように、システムはどんどん変化(進化)しています。このように、「改良を加えていく」ということはとても重要なことです(最初から完璧なものを作ることはできないからです)。


■ セキュリティは万全

最近では、価格コムがシステムを乗っ取られる事態が起きました。これは、SQLインジェクションというハッキング手法で行われたようですが、XMTではこれは起きようがありません。なぜなら、WebサーバとXMTはリーチャブルではないからです(到達不可能ということ)。

したがって、Webサーバが攻撃にさらされることはあっても、データベースに触れることは不可能なのです。これにより、ユーザの個人情報が外に漏れる、ということを防ぐことが出来ます。


■ ドメインの取得からマーケティングまでサポートします

ショッピングサイトを作るには、さまざまな準備が必要です。商品の企画・調達・発送などは当方ではサポートできませんが、それ以外のサイト構築のサポートは可能です。サイトを構築するには、次のような手順が必要です。

1.ドメインの取得
プロバイダの中にサイトを作ることは出来ますが、それよりはやはり独自のドメイン名でサイトを作りたいものです。xxx.comでもxxx.jpでもドメイン名は欲しい名前が使われていなければ、なんでもOKです。このドメインの取得を代行します。

2.レンタルサーバ
レンタルサーバ(ホスティングサービス)を借りたり、その設定も行います。これには、Webサーバやメールの設定などが含まれます。これらの知識がないと、設定はかなり難しいものです。

3.サイト構築
Webサイトを構築するといっても、HTMLしか知らないのでは、ショッピングサイトは構築できません。CSS、JavaScript、PHPなどの知識の他、個人情報を送信する注文フォームでは、暗号化して送るための知識が必須です。

こうした知識を得るのはかなり大変なことですが、このサイト構築についても、さまざまなレベルでサポートあるいは代行します。たとえば、デザインや文章に対しても適切かどうかも、コンサルティングします。ただし、最低でもベースになる文章だけは書いてもらいます(^^;)。

4.マーケティング
サイトを構築したら、マーケティング活動の開始です。まずは、サイトにたくさんの人を呼び込まなくてなりません。それに必要なのがSEO対策。検索エンジンで、できれば上位に表示させたいところです。SEO対策については、こちらのSEO対策サイトを参照してください。このサイトも、当社で運営しています。

また、広告(有料・無料も含めて)も必要です。このとき、広告のコピーはとても重要です。また、どこに出したら効果的か、という調査も必要です。これらのマーケティング活動も全般に渡ってサポートします。

私たちの専業はソフトウェア開発です。ですが、マーケティングを勉強し、自分でも実践していくうち、ソフトウェアの知識はマーケティングにとっては「鬼に金棒」だな、と強く思うようになってきました。実は、XMTもマーケティング活動と共に充実してきたものです。

上記の1〜4までを、私たちはすべてサポートすることも、必要なものだけサポートすることも可能です。要求に合わせて、さまざまにカスタマイズできます。


■ 低コスト

これだけのシステムを構築し、サイト構築やマーケティング活動もサポートするとなると、おそらくかなり高額な初期費用が必要だと思われるでしょう。もちろん、それでもかまわないんですが、私たちはロイヤリティ方式を採用しています。つまり、売り上げの中から、何%かを支払っていただく方式です。

ロイヤリティは商品内容などにもよりますが、5〜20%です。ですから、私たちも売れなければ困るんです。いわば、運命共同体、一蓮托生なわけです(^^;)。当然、サイト構築やマーケティング活動にも力が入ります。

そんなわけですから、私たちの気に入らない商品、例えばアダルトもの、法に触れるようなものは協力できません。人を欺くようなものももちろんお断りです。その品を手に取った人が思わず笑顔になるようなもの、何か気持ちをほっこりさせるようなもの、そんなものでしたら喜んでお手伝いします。

 

人生をシンプルにするには、自分が得意なことは自分でやり、
  不得意なことは人に助けを求めればいい。

「天使になった男」ジョー・タイ(著), 桜田 直美(訳) より

■ お問い合せ

お問い合せは、このメールアドレス(info@fiverworks.com)まで、お気軽にどうぞ!



『Java』は米国および、その他の国における米国Sun Microsystems, Inc.の商標です。
その他本文に記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
| 会社案内 | 著作権 | 免責事項 | 通信販売法規に基づく表記 | プライバシーポリシー | お問い合せ | サイトマップ |
COPYRIGHT(C) 2004 Fiverworks Ltd. ALL RIGHTS RESEREVED.